パタンナースクールはアパレルジョブテクニックアカデミー。パターン会社が運営するからこそがある!
 
パターンスクールの特徴よくある質問
パターンスクール動画見学
受講生の声
最新情報
パタンナー講師紹介
トップページ
パターンセミナーの紹介
パターン会社案内
お問い合せ・見学申込み
パターンセミナー受講までの流れ
パタンナーとは?業務の流れ
アパレル企業の皆様へ
ミューラー理論とは
講座で使う本などのご紹介
 

スクールまでの地図
資料請求
アパレルジョブスクールのfacebook
初心者・入門
服飾専門学生&卒業生
パタンナー対象講座一覧
パタンナースクールイメージ
TOP>パタンナーの役割
パタンナーとは?pagelogo
 
パタンナーとは?

パタンナーとは、イメージをリアル(実物)で表現する技術者です。

デザイナーのイメージを感じ取り理解し、現実の服になるよう設計図(型紙)を創り出せる(表現)技術者がパタンナーです。

着やすく、そして流動的な「今」の美しいシルエットを表現し続け、日々「より良い物づくり」に取り組む『縁の下の力持ち』

「ブランドコンセプト」「ブランドターゲット」の体型、体格、更には素材・色柄等による細密な違いを、持てる技術と経験、そして感性で理解し、デザイナーの方の「イメージ」した型(カタチ)をルール(制約)を守りつつ「現実」の型にする。

更に、縫製する方に解り易く、また縫い易くなるように指示する(指示できる知識がある)。
これらが全てできて初めて「パタンナー」であるのだと解釈しています。

 

 
パタンナーの業務
パタンナーワークフロー紹介
取引先のデザイナーの方より絵型(デザイン画)を貰います。
イメージやテイスト、注意点、ある程度の寸法を伺います。

1を基に、パターンの作図へ入ります。

※アパレルCADを使用して作図する事が多くなっていますが、デザインによってハンドで作図するパタンナーもいます。

2で作図したパターンからトワルを組み、立体上でシルエットの確認や修正を行っていきながらイメージに近づけてきます。

2の作図を行わず、直接ドレーピング等でトワルを組む事もあります。

3でトワル組みしたものを、社内チェックします。
チーフパタンナーや、担当になっているパタンナーにチェックしてもらい

取引先のデザイナーのイメージ通りかを確認する為に「トワルチェック」をしてもらいます。

デザイナーとパタンナーとでシルエットや縫製仕様などまで詰めていきます。

トワルチェック時に修正した内容を、パターンに反映しながら工業用パターンに仕上げていきます。

※アパレルCADを使用してトレース(工業用パターン化)しています。

工業用パターン化ができたら、縫製仕様書を作成していきます。

縫製される方が縫いやすいようにパターンがどうなっているか、また完成するとどんな型になるのかなどを伝えるための縫製仕様書です。

縫製時の注意点や縫製の部分図など詳細が記載された書面なので、パタンナーはパターンだけでなく、縫製の知識も必須となります。

パターンが指示通りに上がっているかを担当パタンナーが検品します。

パターンと縫製仕様書に書いてある内容に食い違いがないか、トワルチェック時に変更・修正となった内容が反映されているか等もチェックします。

納品

プロッターというパターンの出力機で出力されたパターンを納品する場合と、データで送信して納品する場合があります。

以上がパタンナーの業務の流れになります。

外注パターン会社や各メーカー、外注パタンナーさんによって多少の違いはあっても、大体上記のような工程を経てパターンが作成されています。

 
photo1
 
photo2
 
photo3
 
photo4
 
 
上に戻る
パタンナースクールはアパレルジョブテクニックアカデミー
アパレルジョブテクニックアカデミー site map パターンスクール
携帯サイトはコチラ